Subscribe
一歩先行くワシントン!
お問い合わせ:096-359-6083

Hello!
大人英会話担当マネージャーの立岡です!

よく皆様からご質問をいただく
イギリス英語とアメリカ英語の違いについて
Chris先生に聞いてみましたよ(^^)♪

unnamed

クラスでもよく話題に出てくるアメリカ英語とイギリス英語。
同じ言語でありながら、
単語や発音が違うものがたくさんあります。

今日はChris先生が気付いたアメリカ英語と
イギリス英語の違いをご紹介します♪

アメリカ英語イギリス英語
pants : trousers =ズボン
イギリスでpantsは日本語同じように下着を意味します。
eraser : rubber =消しゴム
sweater : jumper =セーター
crisps : chips =ポテトチップス
French fries : chips =フライドポテト
×フライドポテトは和製英語になります。
line : que =列
huge : massive =大きい
awesome : brilliant 
tired : knackered
movie theater : cinema=映画
クリス先生はよくgo see a movieを使うことが多いそうです。
sidewalk : pavement =歩道
 

よく使われる表現としては・・・
grab a drink : go for a drink=飲みにいく
Would you like~?/Do you like~? : Do you fancy~?
=~したい・好きですか?
on the weekend : at the weekend=週末に

等々・・・国によっては前置詞も変わってくるんです!

他にもアメリカ・イギリス英語の違いって
たくさんあるんですよ!

ワシントンの英会話クラスでは、
こういった英語の豆知識はもちろん
文化的な背景や使えるフレーズなどもご紹介しています。

1度無料体験レッスンを受けてみませんか?
ワシントンの英会話は・・・!
楽しいから続けられる・通いたくなる英会話スクールです。

資料請求・無料体験レッスン・無料カウンセリングは

資料請求・お問い合わせ


又はお電話096-359-6083にてご予約下さい。