Subscribe
「夢を叶える語学力」を熊本から応援し続けて30年
お問い合わせ:096-359-6083

昨日、ワシントンでは日本語教師養成講座セミナーを開催しました。

 

次の開講日は9月2日ですので、直前セミナーも兼ね、皆さんにもっと“日本語教師”を知って頂く機会となりました。

本日は、セミナー第1弾、ゲストは当学院担当講師でもある、小川ひろみ先生です。

小川先生は、40年近く、日本語教育に携わっておられ、西日本ではおそらく一番キャリアが長く今でも第一線でご活躍なさっています。

 

 

セミナーの中では、先生の国内外での豊富なご経験談たっぷり。

本年6月に政府が決定した「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)2025年までに50万人超の外国人労働者の受入についても触れられました。

 

 

2019年に熊本県で行われる、「ラグビーワールドカップ」と「女子ハンドボール世界選手権」、また、東京2020オリンピック・パラリンピックと国際交流の場が確実に増えます。

 

 

 

今“日本語教育”は過渡期を迎え、ますます日本語教師の需要が高まることが予想されます。

 

“日本語を日本語で”

 

日本語教師は、必ずしも外国語を話す必要はありません。

日本語を日本語で教えるのが日本語教師なのです。(語学力があると、選択肢は広がりますが☆)

 

セミナー第2弾は、8月17日(金)10:00~12:00 ワシントン外語学院にて開催します。ゲストは石坂あかね先生(当学院担当講師)。参加費は無料です。

 

「気になってはいたんだけど・・・」ほんのちょっとの興味から入る方も多いです。

 

ぜひお待ちしております!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください