「夢を叶える語学力」を熊本から応援し続けて30年
お問い合わせ:096-359-6083

みなさん、こんにちは。

10月27日(日)は年に1度実施される日本語教育能力検定の試験日でした。

受験された皆さん、いかがでしたか?

日頃の勉強・努力の成果は十分発揮できたでしょうか。

 

昨年は約8,500名の受験応募者があり、合格率は20~23%程度という容易には合格には届かない..そんな試験です。

 

日本語教師の資格の一つでもある検定合格ですが

ワシントン外語学院で開講している420単位時間総合コースは、

座学の他に実習もカリキュラムに含んだコースで、資格取得の手段の一つです。

実習の中では教案を書いたり、自分で実習テーマに基づいたクラス活動を考えたり、と、

実際に繋がる授業も行います。

 

本日は昨年のちょうど今頃に本講座を修了され、

現在、県内の日本語学校で日本語教師として活躍中の福永裕子先生をゲストスピーカーにお話をして頂きました。

 

海外に行きたい!!

 

それが一番の目的だった福永先生。

受講を決意したきっかけ、受講中に出会った人、講師、授業中に聞いた話をきっかけに

次第に日本国内での日本語教育に関心が移っていく気持ちの変化。

就職活動。

日本語学校で働き始める前と今の気持ちの変化。

 

大変なことも多いけど、本当に楽しい!!!

 

互いの文化を尊重し対等であることが大切

本日心に響いた言葉です。

多文化共生を目指す社会において必要であり心掛けたいことですよね。

 

少しでも日本語教師(教育)に興味があるたくさんの方に参加して欲しいセミナーとなりました。

—☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆

 

そんな日本語教師養成講座

現在受講生募集中です。

直近は12月7日(日)のスタートとなります。

 

11月の授業見学は毎週土曜日9:00~12:10に随時承っております。

お気軽にご連絡ください♪

 

—☆—☆—☆—☆—☆—☆—☆

今後のセミナーのお知らせ

11月23日(祝土)10:00~11:20

JICA体験記(南アフリカ編)

ゲストスピーカー:村上正弘氏

詳細はコチラ☆

 

たくさんのご参加お待ちしております!!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください