日本語について、少しご紹介します。

今日は「品詞について」。品詞は、語が持つ働きをグループ化したものです。

次の文を見てみましょう。

A:“語学を勉強して、将来活躍する”

B:“じゃ、私はあなたを応援するね”

Bを品詞分すると(大まかに)、

じゃ、-感動詞

私-名詞

は―助詞

あなた―名詞

の―助詞

夢-名詞

を―助詞

応援-名詞

する―助動詞

ねー助詞

と、いうように品詞分けができます。

品詞の種類は、動詞、名詞、イ形容詞、ナ形容詞、副詞、接続詞、助詞などがあり、これらの品詞をつなぎ合わせて、文を作っています。日本語をもともと話す人(日本語母語話者)は、日本語の文法を意識しなくても、間違いがなくきれいな日本語を話すことが出来ます。しかし、日本語を母語としない人(非日本語母語話者)は文法・品詞を意識して、話たり、書いたりします。もちろん、その過程で間違えることもあります。その間違えを教えるのに、日本語の文法・品詞を理解することは必要不可欠です。

さあ、あなたも日本語を理解して、日本語教師の道をスタートさせませんか?