日本語の「は」と「が」の違いについて、前回ルール1(従属節・名詞修飾節の中では「が」を使うというルール)がありました。

今日は、「は」と「が」の違いについて、ルール2をご紹介します。

ルール2:述語が動詞以外の場合は通常「は」を使う。

※動詞の場合でも「は」を使う時がある。

-主語が私・あなた(一人称・二人称)の場合

-いつも一定していて変化がない出来事を表す場合

-否定文である場合

以下の文を見てみましょう。

①クリスは英語の先生です。

②私はクリスにワシントン外語学院で会う。

③花はきれい。

④熊本では、雪は降っていない。(雪が降っている)

上記の文は、ルール2に当てはまっています。

皆さんもこのルールを守って、正しく「は」と「が」を使ってみましょう。