日本語 「は」と「が」の違いについて ルール2

日本語の「は」と「が」の違いについて、前回ルール1(従属節・名詞修飾節の中では「が」を使うというルール)がありました。

今日は、「は」と「が」の違いについて、ルール2をご紹介します。

ルール2:述語が動詞以外の場合は通常「は」を使う。

※動詞の場合でも「は」を使う時がある。

-主語が私・あなた(一人称・二人称)の場合

-いつも一定していて変化がない出来事を表す場合

-否定文である場合

以下の文を見てみましょう。

①クリスは英語の先生です。

②私はクリスにワシントン外語学院で会う。

③花はきれい。

④熊本では、雪は降っていない。(雪が降っている)

上記の文は、ルール2に当てはまっています。

皆さんもこのルールを守って、正しく「は」と「が」を使ってみましょう。

 

日本語 「は」と「が」の違いについて ルール1

皆さんは、日本語の「は」と「が」を理解し、使い分けができていますか?

日本語学習者にしても、これらの「は」と「が」の使い分けは、難しいようです。

なぜかというと、「は」と「が」は主に、主題と主語という異なる機能を表す助詞で、多くの場面や文中で主題と主語が重なることが多いからです。

それでは、「は」と「が」について、どのような違いがあるか見ていきましょう。

①彼が説明したことが分かりやすかった。

②彼が説明したことは分かりやすかった。

③彼は説明したことが分かりやすかった。

上記の文で、正しい文はどれですか?

正解は②です。

「は」と「が」に関するルールその1

従属節・名詞修飾節の中では「が」を使う。(従属節は、複文の中に主節を表す主格・述格・連体修飾格・連用修飾格・独立格に立つ節。)

上記の複文を表す主節は「彼が説明したこと」に当たります。ですので、「彼が」になります。

「は」と「が」については、まだ他のルールがあります。

また、ご紹介しますね。

日本語 品詞について

日本語について、少しご紹介します。

今日は「品詞について」。品詞は、語が持つ働きをグループ化したものです。

次の文を見てみましょう。

A:“語学を勉強して、将来活躍する”

B:“じゃ、私はあなたを応援するね”

Bを品詞分すると(大まかに)、

じゃ、-感動詞

私-名詞

は―助詞

あなた―名詞

の―助詞

夢-名詞

を―助詞

応援-名詞

する―助動詞

ねー助詞

と、いうように品詞分けができます。

品詞の種類は、動詞、名詞、イ形容詞、ナ形容詞、副詞、接続詞、助詞などがあり、これらの品詞をつなぎ合わせて、文を作っています。日本語をもともと話す人(日本語母語話者)は、日本語の文法を意識しなくても、間違いがなくきれいな日本語を話すことが出来ます。しかし、日本語を母語としない人(非日本語母語話者)は文法・品詞を意識して、話たり、書いたりします。もちろん、その過程で間違えることもあります。その間違えを教えるのに、日本語の文法・品詞を理解することは必要不可欠です。

さあ、あなたも日本語を理解して、日本語教師の道をスタートさせませんか?