JALスカイ九州の素晴らしき先輩たち 。ワシントン外語学院のエアライン科恒例熊本空港見学を実施しました。 Vol.2

今年もJALスカイ九州熊本空港のご協力を得て、熊本空港見学を実施しました。
今年のご案内役のかたもワシントン外語学院エアライン科出身の先輩です。毎回ご案内の担当は変わるのですが、そのたびにワシントンの先輩ということはそれだけワシントンのエアライン科出身がたくさん合格して働いているということですね。特にJALスカイ九州はとても働きやすくて長くお仕事ができるので新しく入ったワシントン生だけでなく、インターンシップ生も安心して仕事をすることができます。

今年は飛行機の到着、その折り返しの出発便がでるまでの見学、JALスカイ九州熊本空港の努力目標や積極的に取り組んでいることをお話しして頂きました。伊丹空港での天候不順で到着が遅れてしまった飛行機を、全員総出で少しでも短い時間に準備をしてお客様を機内にご案内しているという説明を聞きながら飛行機を一機とばすためのチームワーク力に感動しました。

「JALスカイ九州ではカウンタから一歩外に出て、こちらからお客様のお側に近づいて対応しています。それはお客様だけでなく、JALの社員が飛行機を利用するときにも同様の対応をします。分け隔てなく誰にも思いやりの心をもって接していくことを大切にしているからです。仲間同士の信頼関係を築くためにお互いによいところを見つけあってThank you カードを書いたり、少しでも仕事へのモチベーションを高めるための掲示物を作成することなど仕事を終えてからもいろいろな作業があるんですよ。でもどれもお互いに協力しあって一人に負担がかからないようにしています。」

―JALフィロソフィの中で何を目標にしていますか?―

「率先垂範です。一人で何もかも仕事をしてしまうのではなく、後輩の手本となる仕事をして後輩の仕事を見守り指導をしていくことを心がけるようにしています。最初は時間もかかるし、後輩に嫌われたら嫌だなと思って、アドバイスの一言がでなかったのですがJALのすばらしいDNAを伝えていくことも大事だと思いがんばっています(苦笑)。」

先輩の一言、ひとことに重みがあって本当に勉強になります。

ワシントン外語学院エアライン科からこんなすてきな先輩がたくさん空のお仕事をしているんですね。

CIMG5357

CIMG5359

熊本空港は空と人を大切にしているんです。ワシントン外語学院エアライン科恒例 熊本空港見学 Vol.1

毎年、ワシントン外語学院エアライン科は熊本空港見学を実施しています。今年は特別に管制塔を含めた熊本空港全体の見学が可能となり、いつもに増して充実した空港見学となりました。

熊本空港に、消防車があるって知ってましたか?怪我をしたり、具合が悪くなった方を運ぶ担架も200近くあるんです。起きてはいけないけれど何か事故が起きたとき常にお客様の安全を守るために一生懸命訓練して準備を整えている方々がいます。

空港の滑走路の誘導灯を常にチェックして安全に飛行機が離着陸できるように整備点検をしている方々もいます。

飛行機が定時に到着して、そして出発する。笑顔で空港の玄関をでて待っている家族や友人のもとに帰っていく。当たり前のようなことが本当に多くの方々のおかげで保たれていることを学んだ見学でした。

ワシントン外語学院エアライン科では本日の熊本空港見学でお世話頂いた国土交通省大阪航空局熊本空港所の所長をゲストに航空業界セミナーを実施します。空を見上げたとき、笑顔になれる。そんな時間をプレゼントします。

日時は9月23日(祝)10:00~
場所は国際交流会館パレア会議室です。
詳細はワシントン外語学院へお問い合わせ下さい。
電話096-359-6083 担当岩崎まで

CIMG5309CIMG5347

今日はJALの先輩がやってきた!

今日はJALナビアでお仕事をしている先輩が遊びに来てくださいました。
JALナビアに入って早6年目。すでに新人の指導やマニュアル作成のスタッフの一人として活躍されています。
JALナビアは飛行機や旅行の予約、案内、発券などを扱う会社です。先輩も受験するときには最初どんな仕事をするのかよくわからなかったそうです。

「電話対応の仕事なんだなぁと思いながら受験したのですが、受験するうちにこの会社がどんどん好きになりました。正社員での雇用体制でしたから東京で一人暮らしをしていくのも安心かなと思って・・。今では面接のお手伝いもさせて頂いています。覚えることがたくさんあるので、コツコツ努力ができる人、それからお顔が見えない電話での対応でもお客様の気持ちに近づくことができる人と一緒に働きたいと思っています。とても働きやすい会社です。私も気が付いたら6年たっていて自分でもビックリです。一緒に働くみなさんいい方ばかりで教育のシステムがきちんとしているので学ぶこともたくさんです。今回、ワシントン外語学院に帰ってきて、ここで頑張ってよかったなぁとしみじみしました。今の会社に入ってから海外旅行にいく機会がすごく増えました。」

ワシントン外語学院のエアライン科の先輩はグランドスタッフか客室乗務員が多いように感じられますが、航空業界には様々な職種がありそのいずれにも対応できるような授業内容になっています。こうして色々な部署に先輩がいてくださるのでワシントンのエアライン生も夢の幅が広がっていきますね。

JAL

ANAの先輩がワシントン外語学院にやってきた!

「こんにちは!久しぶりに里帰りしました。ワシントンの皆さんお元気ですか?」
今日は、平成22年にANA客室乗務員に合格した先輩が遊びに来てくれました。

「入社して4年です。国際線も飛んでいますし、繰り上げで契約の3年を迎える前に正社員になりました。忙しいけれど元気に仕事しています。」
ワシントンのエアライン生として就職活動を頑張っていた時と変わらない笑顔を見せてくれました。
「私たちが就職活動のときはJALが厳しい時で採用もなく、航空業界って大丈夫?ってよく聞かれていました。でも、実際に入社して仕事がスタートすると常に人として大切なことを教えていただきながらの日々です。入社して4年といっても毎日が勉強です。本当に行ってみたかった国々を仕事とはいえ訪ねることができるのは幸せです。私の母も定年を迎え、一緒に旅行を楽しんでいます。親孝行も精一杯させてもらえています。」

ちょうど、TOEICの授業できていたエアライン生の後輩たちと一緒に記念撮影。もう、一緒にお写真を撮ってもらっただけでも夢が近づいた気がします。

ワシントン外語学院のコンセプトは「夢をかなえる語学力」

先輩たちはいつも皆さんの背中を後押ししてくれています。

CIMG5299

CIMG5298

航空業界セミナーを実施します。今回はスペシャルゲストです!

ワシントン外語学院のエアライン科では、定期的にワシントン生以外のかたも参加可能な航空業界セミナーを実施し航空業界の情報を提供することでよりスムーズな就職活動をサポートしています。

さて、今回の航空業界セミナーにはスペシャルゲストをお招きします。
今まで触れることのなかった空港の舞台裏を、いえ、それこそ空港の表舞台を語っていただきます。

今回は国土交通省 大阪航空局 熊本空港事務所所長 井ノ口寛様にお越しいただき、空港で働く公務員の役割や私たちが見たことのない場所で安全な空を保つためにどんな努力がなされているかをお話ししていただます。

セミナーの日時と場所は

9月23日(祝)10:00~11:30
パレア10階会議室です。

参加希望者はワシントン外語学院エアライン科へお問い合わせください。
お席に限りがありますので、ご予約いただいた方を優先してご案内いたします。

飛行機が安全に空を飛ぶために実は大変な仕事があるんです! このお話を聞いたら、空の上に飛行機の道が見えてくるかもしれません!

羽田で、伊丹で、お会いしましたね。

こんにちは。エアライン科担当の岩崎です。8月のお盆明けくらいから、2週続けて出張が入り、先週は大阪へ、昨日と一昨日は東京に出張していました。

大阪伊丹では、1時間でもと、お休みにもかかわらずお2人が伊丹空港に来てくれました。市内行のリムジンバスに乗るまでの時間でしたがワシントンの先輩方の元気なお顔を見ることができました。すごくうれしいのは、一人は6年前の合格者、もう一人は昨年の合格者が同じ会社で働いて今もとても仲良くしている姿を見ることができたことです。加えて今年入社のワシントン生のお世話も二人にしていただいてワシントンエアライン科のつながりの強さと優しさに感動しました。

昨日は帰りの飛行機に乗る直前に搭乗口でお客様へご案内をしてるワシントンの先輩を見ました。夏休みのディズニーランド旅行帰りのファミリーがたくさんの中でも笑顔でご案内をしている先輩をみて、胸が熱くなりました。このブログではいつも、先輩方の楽しくて素敵な仕事ぶりをお話しすることが多いのですが本当はとても大変な仕事なんです。笑顔だけで仕事がすまないこともあるはずなのに、ワシントンに遊びに来てくださるときはいつも元気でキラキラしている先輩を思うと、私ももっと頑張ろうと思います。

エアライン科のスタッフというと、航空業界に就職させることが仕事だと思われそうですが、私の仕事はご縁があった皆さんが常に自分の仕事に誇りをもって元気に社会に貢献していくことができるようずっとサポートしていくことだと思っています。

学生時代に夢に向かって頑張ったこのワシントン外語学院を心のふるさとにしていただけるよう願って私も自分の仕事に誇りをもって頑張ります。

頑張って、頑張って、W合格しました。 ソラシドエアの客室乗務員とJALスカイ九州の航務 

今回のゲストが内定を頂いた会社は九州の翼「ソラシドエアの客室乗務員」と「JALスカイ九州の航務」のWです。

合格者は体験談始まって以来かと思うくらい、話を聞いている後輩たちに「私の話早くない?」「今ね、全体の半分くらいまでお話しているの、質問があったらいつでもいってね」とリラックスした感じでわかりやすく話してくれました。

ワシントン外語学院エアライン科では合格者体験談のレジュメがあるんです。
合格した先輩はそのレジュメにそって自分の企業研究ノートや自己分析ノート、エントリーシートを披露しながらお話をするのですが、結構緊張してしまうんですね。レジュメに沿って堅くなりつつお話をしてしまうので今回の合格者のようににこやかに後輩たちを気遣いながら話してくれるのは珍しいパターンです。

先輩は1年生からワシントン外語学院エアライン科に通いはじめて、早くから合格していく先輩をみてきて、合格者のサクセスストーリーをイメージしやすかったのだと思います。
早くにスタートしても追加料金がかからない、ワシントンのエアライン科の特典を存分に利用したタイプの先輩ですね。
以下は先輩からのお話の一部です。

「今回の合格は先輩方が残してくださった受験データのおかげです。どんな質問があって、面接官はどういうところを見ているかという記録を先輩方は細かく書いていてくださって、試験の度にそれを何度も見返していました。なんと答えれば合格するということではありません。面接の基本は自分の話をわかりやすく伝えることです。自分の考えや気持ち、日頃から気をつけていることなどを面接を通して伝えます。私は1年生の時からこのデータをみて、どんな私に成長すればいいかを模索していました。最初はうまく話せなかったのですが、何度もレッスンに参加して今回合格することができました。いつも自信がなくて人の後ばかりついていた私が試験に受かることができたのは「できるまで面倒をみてくださるワシントンのエアライン科のサポート力」のおかげだと思っています。ワシントンのエアライン科には早くから入っているかたも多いかと思います。安心してこのサポートを受けて夢を叶えてください。私もこれからは先輩方のように皆さんを応援する立場になります。それはとても光栄なことです。」

最終試験がすんで、結果待ちの時でも成長したいからとエアラインのレッスンに参加している先輩だからこそワシントン外語学院エアライン科一番の努力家といわれるのです。

ワシントンのエアライン科はこんなすてきな先輩がそばにいるからみんながんばりやサンになっちゃうんですね。

今回の体験談の詳しいレポートも作成しました。希望者はワシントン外語学院エアライン科まで。

CIMG5212

CIMG5210

JALスカイ九州・ANA成田エアポートW合格者が語りました!グランドスタッフになるまでの道のり。

7月19日(土)の合格者体験談のゲストはJALスカイ九州熊本空港のグランドスタッフとANA成田空港のグランドスタッフのW合格者です。

九州ルーテル学院大学2年生のときに航空業界への就職に近道と言われているキャリアイングリッシュのエアライン講座を受け、飛行機に関わる仕事をしたいと思ってチャレンジを始めた合格者の夢をかなえるまでの道のりをたっぷり2時間にわたってお話をしていただきました。

このブログを読んでくださっている方の中には、客室乗務員は難しいけれど、地元の空港で働くんだったらチャレンジしてみようかと思っていらっしゃる方もあるかもしれませんが、いえいえ、どうして!募集人数が2名とか3名しかない地方の空港スタッフの募集に50名以上の応募があり競争率は客室乗務員以上に高いのが現実です。
筆記試験の分量や難易度も高く、ワシントン外語学院エアライン科の合格者から面接試験の質問や筆記試験の内容など盛りだくさんの情報に参加者はメモを取る手を休める暇もありません。

「最初、本格的に航空業界を目指し始めたころはTOEICの試験の点数も低くてお恥ずかしい限りでした。また、声が細い、見た目が弱弱しいといった航空業界には不向きな部分も多く私には無理な挑戦かもしれない。と思ったこともあります。しかし、同じ大学から合格していった先輩がたのお話をお聞きすると「あきらめない!チャレンジし続ける!夢は必ず叶う!」という言葉が常にあり、ワシントン外語学院エアライン科の授業を頑張って受け続けてきました。大きな変化が急に現れるわけではありませんが、本当にあきらめずに頑張り続けることで徐々に合格への道が見えてきたと感じます。皆さんもぜひ、自分自身を諦めないでください。必ず成長の変化があります。私が合格できたんですから絶対大丈夫です」

ワシントン外語学院エアライン科のすごいところは、授業の内容の素晴らしさだけでなく、その厳しい指導にもついていく生徒たちの前向きパワーが先輩たちから受け継がれているところですね。合格者体験談の詳しい様子を知りたい方はぜひワシントン外語学院エアライン科へお問い合わせください。合格者体験談レポートをプレゼントします。

CIMG5203

CIMG5195

ワシントン外語学院エアライン科は先輩が里帰りラッシュ中

このところ、続けてワシントン外語学院エアライン科の先輩方が「こんにちは。みなさんお元気ですか?お休みが続けてとれたので遊びに来ました!」とワシントンへの階段を軽やかに上がってきて、美しい笑顔を見せてくださいます。

お休みがとれて、お父さんやお母さんが待つご自宅に戻った後にワシントンにも実家のように帰ってきてくれるのはワシントン外語学院エアライン科ならではの光景ですね。

「何だか、落ち着くんですよね。好きで頑張って入社した会社でも色々なことがあると心くじけそうになるんですけど、ワシントンに来ると自分の夢の原点に戻ってまた頑張れるんですよね。」と嬉しいお言葉(涙)
先輩方は自分のパワーを充填するだけでなく、ちゃんと後輩たちにも色々なアドバイスをしてくれます。この先輩と後輩の美しいやり取りはワシントン外語学院エアライン科の宝物です。

CIMG5180
CIMG5177
1405324828736

行ってきます! J-AIRでの仕事が始まります!

「行ってまいります。7月1日が入社日で明日から大阪で生活します。」この春卒業した先輩がワシントンにご挨拶に来てくださいました。ちょうど、試験対策をしていた後輩たちに、「私も大手は早々に落ちてしまって、今回行く会社の合格を頂いたのは7月末位だったよ。まだ、まだチャンスはあるから最後まで頑張ってね。」と最後まで励ましてくださいました。

そうなんです。航空業界の試験は大手の試験が済んだあと、グループ会社の試験が続きます。1,2回の試験がうまくいかなくても次々にでる募集にむけて気持ちを切り替えてトライすることが夢の実現につながります。
先輩のそういう姿をみて後輩たちもあきらめずに頑張り続けることができるんですね。これがワシントン外語学院エアライン科の合格率の高さだと思います。

先輩が行く会社には寮があり、お聞きしたらすごくきれいな広いお部屋だそうです。「入社後は訓練が続いて大変だとは思うのですが、夢をかなえるために頑張ってきた日々を思い返して訓練を乗り越えます。今日、後輩たちを見て、私も中々内定がとれず苦しかった日を思い出しまた、新しい成長に向かって頑張る気持ちを後輩たちからもらいました。」とうれしい言葉もいただきました。

CIMG5166