日本語教師養成講座”実習”の時期になりました!

こんにちは!

日本語教師養成講座の鞭馬です:)

朝晩とくに冷え込みますが、今日から熊本城マラソンの練習を始めました!

布団から出るのが何より辛いですが、走り出すと身体も温まり早朝の冷たい空気も心地よく

とても良い朝活だなと思います!(笑)

今後も頑張って続けます(^^ゞ

頑張って走りながらとりました(;’∀’)

IMG_0947

 

 

さて、ワシントン外語学院の日本語教師養成講座には実習も含まれているのですが

12月にいよいよ実習を行います!

受講生の方々は、着々と準備を進めていらっしゃいます。

 

当日は、現在熊本で日本語を勉強されている日本語学習者の方々が生徒役として来てくださいます(●^o^●)

 

前回の実習風景です(^o^)

ワシントン外語学院日本語教師養成講座

 

日本語教師は教壇に立って教える仕事です。その練習となるのが“実習”です。

生徒役の方々や、同じクラスの受講生、講師がいる中での緊張感あふれるものですが

評価もしっかりしてもらえるので、今後の皆さんの『教える力』につながることは間違いなしです!

 

受講生の皆さん、頑張ってくださいね☆彡

階段は子どもたちにとってステイタスなんです(*^0^*)

子ども英会話の午後クラスは15:40の幼児クラスからスタートします。15:00を過ぎると、ひとりまたひとり…と子どもたちがやってきます。ビルの3階にあるワシントンにはエレベーターが設置されているのですが、幼児クラスのこどもたちにとって、階段を上って来る事が「お兄さん・お姉さんへの仲間入り」という意識があるようです。年中さんぐらいになると3階まで階段を使ってワシントンに来たがります。大人にとってはエレベーターの方が楽なのですが、子ども達は元気ですね。

 

「Hello!!」と元気な声が聞こえてきました。今日の一番乗りは誰でしょう?

今日のレッスンも子どもたちにとって笑顔あふれる楽しいものになりますように♪

 

子ども英会話 担当:福野

TEL:096-353-1889

若くなった?夢は人を若返らせる!

「こんにちは!」 1年ぶりにワシントン外語学院を訪ねてくださった元大人英会話の生徒さん。

「カナダに行ってらっしゃいましたよね?一時帰国ですか?っていうか・・・すごく若くなりましたね。 なに?なに?何が起きてるの?」

 

「はい、1年前にワーキングホリデーでカナダに行って先日帰国しました。外国の空気があうんでしょうね。自分でもビックリするくらいイキイキしています。実は、来週からオーストラリアのワーキングホリデーに行きます。今度は半年くらいです。」

 

お許しをいただいてブログにアップさせて頂いたのですが、ほんの数年前、ワシントンで英会話を始める前は「自分に自信がなくて、何かに挑戦してみたいんです。本当は海外にも行きたいんです・・・それでもっと英語を勉強しようと思って・・・。」と小さなお声でお話ししてくださっていました。

 

よく、英語はコミュニケーションのツールの一つ。英語習得そのものが最終目標じゃない。と言われますがそれを実感した再会でした。

CIMG5533

別人のように元気の良い笑顔で、外国人講師ともこんなに親しく写真におさまった彼女をみると、英会話のレッスンをお勧めしてよかったと思います。

ワシントン外語学院の英会話を始めてみる。ささやかな一歩ですが、自分自身が輝く人生を歩む大きな一歩になる。としみじみしました。