先輩!ANAのこと教えてください!!

12月に実施するワシントンのクリスマスパーティの準備で今年のエアライン合格者が集まって練習をしているところにANAの客室乗務員をしている先輩がワシントンに遊びに来てくれました。

ワシントンではよくある話ですが、現役の先輩がやってくると大盛り上がりで、「お仕事どうですか?」「東京での一人暮らしってどうですか?」「来年から東京での生活が始まるので色々教えてください」等々質問ラッシュです(汗)先輩も「仕事は大変だけれど仲間や先輩が素晴らしくてとても充実してます。一人暮らしも心配しないで。私たちがいるから、何でも聞いてね。」と親切に教えてくださいます。

 

一段と美しくなった先輩に後輩たちもうっとりです。仕事を通して学んでいることも多く、成長している実感が益々先輩を美しく輝かせていると感じます。先輩からご実家のお父様がフライトスケジュールと地図を壁にはって先輩が今日はどこを飛んでいるのかを熊本のご家族が確認しているというお話しを聞いて私も嬉しくなりました。

「仕事ですから大変なこともたくさんあるけれど、その一つ一つが自分自身の心の引き出しを増やしている感じがするんです。それが人間的魅力として自分の成長につなげてもっとたくさんの方に飛行機の旅の楽しさや歓びを伝えていきたい」と仰っていました。

 

12月から就職活動がいよいよ本格的にスタートします。ワシントンでは先輩がいつも皆さんのことを見守っています。だから心おきなく自分の夢に向かって飛び立ってください。

いつもみんなで応援しています!

 

ANAの先輩と合格者

JALセミナーを実施します!

ワシントン外語学院エアライン科では毎年JALセミナーを実施しています。

今年も以下の日程でJALスカイ九州熊本空港所長をゲストにセミナーを実施します。今回のお話しの内容は地上職の仕事の話だけでなく、JAL全体の様子やこれからの目標などもふくめてお話しをしていただくことになりました。ぜひ、企業研究の一つとしてセミナーにご参加下さい。

時々、私は第一志望がANAだから・・・と仰っているかたもありますが、企業研究は比較することでさらに深い研究ができますのでぜひご参加ください。

日時  11月30日(土)13:30~

場所  パレア9階会議室2

お席に限りがあります。ご予約のうえご参加下さい。ご予約、お問い合わせはiwasaki@wil.co.jp

お電話096-359-6083

エアライン科担当岩崎まで。

このセミナーが合格への一歩になる! よう願っています。

お誕生日ありがとう。いつも側にいますよ!

私事ながら、エアライン科担当者である岩崎の誕生日は11月19日です。昨日、1日遅れでエアライン生からサプライズでお祝いをして頂きました。すご~く嬉しかったです。この場をお借りして御礼をお伝えしたいと思います。本当にありがとうございます。

メッセージの数々を読ませて頂くと、私が忘れてしまったようなアドバイスや励みの言葉をエアライン生は長く心に留め自分の夢を叶えていくためのエネルギーの一つにしてくれていたようで、胸がジ~ンとします。

エントリーシート作成の時期や、いよいよ面接がスタートする時期、そして合格がなかなか出ないときに、私は常に今目の前にいるエアライン生の事だけを考えます。特にうまくいっていないときは私にも課題が与えられているような気持ちになってエアライン生と一緒に道を探します。そんなとき、頭で考えたものでなく、心からふと浮かんだ言葉を口にします。仕事上色々な経験や情報を持ってはいますが、エアライン生と向き合うとき、全ての考えや情報は脇におきます。そうすることで、相手にとって今一番必要な言葉が溢れてくる気がします。常にその生徒の心の隣に私の気持ちも寄せてもらいたい。それが信頼関係の証だと思います。

信じる気持ちというより、確信に近い気持ちで「あなたは大丈夫!。あなたに何か問題がある訳じゃない。ぜったいあなたを待っている会社があるから。そこに行ってあげるためにもこの試験を乗り切ろう」と声をかけています。

今日、エアライン生がこのブログを読んで「私にも言ってもらったなぁ」「そうそう、大変だったぁ」「岩崎さん、ご飯食べてるかな?」とか色々思い出してくれているのではと思います。

お誕生日ありがとう。そして いつもここにいるから、何かあったら一番にここにおいで。 大丈夫、きっとうまくいくよ。

お誕生日カードなどお誕生日とエアライン生

 

 

 

聞き応え満点! 今回のエアライン合格者体験談は満員御礼!!

今回の合格者体験談はJ-AIRの客室乗務員に合格した先輩がゲストです。

「熊本学園大学ホスピタリティマネジメント学科のエアライン・ホテル概論を1年生の時に選択して、『航空業界に就職するんだったらワシントン外語学院のエアライン科に行くしかない!』と感じてすぐにワシントン外語学院にはいりました。その選択は間違いありませんでした。私は英語が苦手で、航空業界が望ましいと表記している英語のスコアはありませんでした。それに、身長も153㎝しかなく、一般的には客室乗務員は難しい。といわれるような学生でした。」

先輩は自分の弱点から後輩たちに話し出してくれました。こんな私でも合格出来るんだからみんな大丈夫だよ。という気持ちを後輩たちに伝えたかったのです。以下はその数々のハンディをのりこえて合格した先輩の貴重な体験談です。

「私が内定を頂いた会社はJALのグループ企業であるJ-AIRという会社です。大阪がベースですので入社したら大阪に住みます。飛行機自体がコンパクトで私のように身長が高くなくても乗務ができます。実は企業研究をしている内にこの会社のパイロットの方のお話しや機内でのサービスのアットホームさにとても惹かれるようになり志望しました。これはそのまま面接で志望動機として使いました。下をむいて書類に書き込んでいた面接官が私の志望動機を聞いて一斉に顔を上げて私の話を聞いてくださったとき心の中で『聞いてくださってありがとうございます!』って感謝の気持ちで一杯になりました。自己PRは自分の軸を自己分析でつかんでいたのでぶれることなく、私自身を伝えました。英語の事は最終の役員面接でもつっこまれました。素直に、申し訳ありません、規程に満たしていなくて・・・。とお伝えして、入社までには英語頑張ってスコアを上げておきます。といいました。合格を頂けた一つに素直になること。感謝の気持ちを持つことだと感じています・・・」

この欄には書ききれないくらい先輩のお話は充実していて、途中で同じ学部の先輩で現在JALの客室乗務員をしている方が励ましに来てくださったり、辛かった時期を思い出して涙がこぼれたりと、とてもにぎやかで豪華な合格者体験談でした。

先輩の努力の数々を聞きたくてこの日はお部屋が満員でした。J-AIR合体談 

↑↑↑ エアステージを手にJ-AIRについて分かりやすくお話しをしてくださる先輩。後輩たちはお話しを食い入るように聴いています。

J-AIR合体談 全体

↑↑↑合格者体験談の後におきまりの全体写真をとりました。お話しの後は先輩のことがより身近にそして更に尊敬の気持ちで一杯です。

 

満員御礼! 先輩の合格の秘訣をもっと具体的に聞きたい方はワシントン外語学院エアライン科岩崎へお問い合わせ下さい。この日の様子をレポートしたニュースレターを作成しています。お問い合わせはメールiwasaki@wil.co.jp または096-359-6083まで。

ハンディを乗り越えた究極の志望動機と自己PR。どうやって作成したか?その全てをレポートに載せています。

TKU【英太郎のかたらんね】にカレンサ先生が登場します!

剣道が大好き、熊本が大好き、日本が大好き!

そんなカレンサ先生にTKUの【英太郎のかたらんね】が取材に来てくださいました。

子供英会話クラスのレッスン風景やカレンサ先生への取材、

その他大人英会話のレッスン風景や外国人講師へのインタビューもあり、

もっこすファイヤーさんの軽快なトークを交えてとても楽しいものになりました。

放送予定は11月18日(月)TKU「英太郎のかたらんね」午前9:50~です。

熊本の様々な気になるモノを調査する「しらべてハイヨ」のコーナーに出演予定です。

是非ご覧になってくださいね~!!

ワシントン外国人講師

学園大学でエアライン・ホテル概論の授業をしました。

熊本学園大学ホスピタリティマネジメント学科で今日の午前中ボイストレーニングの授業をワシントンのエアライン科講師が行いました。

本日の講師は元RKKの看板アナウンサーの香山先生です。「エアライン・ホテル概論でボイストレーニング?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、声はホスピタリティを表現する代表格でもあるんです。その講義のさわりの部分だけレポートしますね。

以下は↓↓↓香山先生の授業の一部です。

『声と顔は自分のものであって自分のものではないんです。とても公共性のあるものなんです。もちろんおしゃべりするときのコミュニケーションの手段としても大切なものですが自分自身の印象をきめたり、周りへ与える影響にも大きく関わってきます。例えば、大きな声の人にはどんな印象を持ちますか?』という質問に学生からは『元気』 『活発』 『背が高い』といった答えが返ってきました。『そうですね、声だけでその人の印象を決めてしまうことがありますね。声は人となりとも言います。・・・・』

とても興味深い内容ですよね。学生さんたちもどんどん授業に引き込まれていました。

声は人と接する上でとても大切な役割を果たしています。ホスピタリティマインドを伝えるためにも美しくよい印象の声を出す事は大切です。航空業界の就職だけでなく、一般企業の就職活動でもより良い声をだすことは必要なことです。

ワシントン外語学院のエアライン科では毎月、ボイスメイクアップセミナーやパーソナルトークレッスンといったより美しい声をだして自分の印象をよりよく魅せるレッスンを行っています。香山先生の授業のことも含めて色々詳しく聞きたいなと思われた方はぜひ、お問い合わせ下さい。  メールiwasaki@wil.co.jp

電話096-359-6083  担当岩崎まで。学園大授業 敬語全体

航空業界セミナーを実施しました!

11月12日に熊本学園大学就職課の主催そして、ワシントン外語学院エアライン科全面協力で航空業界セミナーが実施されました。

ゲストはANA客室乗務員、J-AIR客室乗務員、ANAエアポートサービス地上職、そして、客室乗務員、地上職のトリプル合格者の4名でした。

なかなか、豪華な顔ぶれですが、熊本学園大学では毎年ワシントンのエアライン科を利用して10人近い航空業界内定者を出しているので実は、このような合格者を並べてのセミナーは毎年の恒例行事になっています。

さて、今年の目玉は実際に4名の合格者に入室のデモンストレーションをしてもらったこと、それから体験談の後に分科会的に4つのグループに分かれてそれぞれの先輩たちのエントリーシートを見せてもらったり、個別に相談できる時間をとることができました。みんなの前では質問しにくいことも小さなグループに分かれると、相談しやすいことってありますよね? 先輩たちも昨年の今頃は就職活動にとても不安な時期でした。だからこそ、後輩たちに丁寧に優しく話をしてくださいました。

予定の時間を実に1時間もオーバーしてのセミナーとなり、あたりはすっかり暗くなっていましたが参加してくださった学生の皆さんの気持ちは、すっかり前向きに明るく元気に就職活動に取り組める気持ちになったようです。先輩たちもスーツ着用で、たくさんの重たい資料を持参して下さっていて、本当にありがとうございました。来月から始まる就職活動でまた多くの後輩たちが夢を叶えることと思います。

学園大学就職課セミナー分科会学園大学就職課セミナー全体

ワシントンの子供英会話クラスは楽しいイベントがたくさん♪

子供英会話クラス担当のサルワタリです。

ハロウィンの季節も終わり、熊本もようやく肌寒くなってきましたね。

街の景色もクリスマスのデコレーションが増えてとても綺麗です。

ワシントンの子供クラスでも10月のハロウィンパレードを終え、

クリスマスの準備を始めました!

12月には毎年子供英会話クラスでクリスマスパーティーを行っています。

みんなで英語の歌を歌ったり、ゲームや工作をしたり、サンタさんの登場もあるかも?!です。

今年は12月23日(祝・月)に行います。

1部 10:30-12:00予定 (0歳~6歳向け)

2部 13:30-16:30予定(小学生向け)

参加費¥500(参加費の他に¥500相当のプレゼントをご持参下さい。)

詳細は現在企画中ですが、参加ご希望の方はご予約を受付中です。

ワシントン子供英会話科 サルワタリまでお気軽にお問合せ下さい。

クリスマスパーティー クリスマスパーティー子供英会話

昨年のクリスマスパーティーではバルーンアートを楽しんだり、

クッキーにお絵かきをしました!

 

またワシントンでは年間を通して異文化を感じることができるイベントを行っています。

教室を飛び出して英語を使う機会は子供達にとって大きな刺激になり、

英語学習へ意欲をUPさせます。

ホームページの「コース一覧」→「子供英会話科」→「お楽しみイベント」のページより

年間のイベントをご覧いただけます。是非ご覧になってくださいね。

第1回熊本リレーマラソン

11月3日(日)に第1回熊本リレーマラソンに出場しました♪

大会前に雨降りましたが、決行でした!

CIMG3821

 

チーム名☆ワシントンファイターズ☆で出場。

フルマラソン(42.195km)を11名で襷を繋げて…

 

完走しました!!

リレーマラソン証明

500弱のチームが出場した中、みんなでよく頑張りました!!

 

走る方も応援も盛り上がりました!

コースを走るため場外に出て行った走者が、再び場内に戻ってくることが待ち遠しく…

無事戻ってきたときにはなんだかとても嬉しくなり、

スタンドからみんなで走者の名前を叫んで応援しました!

走者はこのように応えました。

SONY DSC

 

清々しくてとっても良い笑顔!!きつくても、仲間が応援してくれるとエネルギーが湧いてくるものです。

お写真は当日応援にかけつけていただいた生徒様に撮影していただきました。

いつもありがとうございます。

 

みなさまの走る姿もとてもかっこよかったです!

運動はやはりいいですね!

来年は第2回も出場を企画したいと思います。

本当におつかれさまでした。

CIMG3830

 

 

学園大→ホスピ→ワシントンエアライン科→合格の笑顔

ワシントン外語学院は熊本学園大学のホスピタリティマネジメント学科で2つの授業を受け持っています。その一つがエアライン・ホテル概論という授業で主に1年生が選択しています。その授業で必ず行うのがホスピのこの授業を選択した先輩の合格者体験談です。毎年、ホスピの学生は航空業界へ就職していきます。その合格者の殆どはワシントンのエアライン科にも来てくれる学生さんです。大学で学んだことに更に磨きをかけて厳しい競争率を勝ち抜いているんです。

昨日はその授業がありました。J-AIRとソラシドエアの客室乗務員に合格した2人をゲストに後輩の皆さんへ色々なお話しをしてくださいました。授業で合格者に直接お話しを聴いて受験対策ができるのは本当にうらやましいですよね。先輩は色々な資料をもってきてくださってそれをご披露しながらの体験談にみんなとても感動していました。

先輩は「1年生や2年生の時から英語や資格取得の勉強を始めておけば、就職の幅がぐっと広がります。試験が始まってからでは間に合いません。少しずつ今からやってください。」「私も受験の時、お隣に東京の有名大学の人が並んで、ドキドキしました。でも、大学名は関係ないです。航空業界は特に人柄に注目しています。ぜひ、皆さんもチャレンジしてください」と励ましてくれていました。また、「いつでも声をかけてくださいね。私たちも先輩に色々教えてもらいました。皆さんからも合格者が出て欲しいです」とあたたかな言葉もかけてくださいました。

この素敵な笑顔ワシントンでも、もちろん見られます。11月16日が次の合格者体験談です。J-AIRに合格された先輩のお話をたっぷり聞いてください。ご参加希望の方はメールiwasaki @wil.co.jpまた電話096-359-6083 担当岩崎まで。

学園大ホスピ2人学園大ホスピの授業で